カナガンキャットフード エピソード

カナガンキャットフード最安値調査!限界価格公開

カナガンキャットフードの限界価格を調査し最安値購入方法を公開します。 この猫用フードはドライの他、缶詰も有り安全なキャットフードとしてロコミでも高評価。定期通販も有り。 気になる保存方法や賞味期限等アップしていきます。

愛らしいエピソード

【番外編】

乳飲み子だった子猫が出産!人間と猫の二世帯暮らし

飼主:30歳女性、両親と3人暮らしです。
母親が勤め先の駐車場に捨てられていた子猫を拾ってきたのがきっかけです。
トマトの銘柄が書かれた段ボールに、小さな小さな真っ白の子猫が入っていました。
まだ目も開いていなく、もそもそと動くその小さな猫はしきりにミーミーと声を挙げていました。
母が動物病院に連れていくと、健康状態には問題がなさそうとのことだったので、その子猫を我が家で引き取ることになりました。


元気過ぎる子猫が気づいたら母親に


動物病院の先生に子猫との付き合い方を教わった私たち家族は、ミルクの与え方やおしっこの出し方など全員で懸命に世話をしました。
子猫はみるみる大きくなり、家中を荒らすまで成長し、「こら!」と私たち家族の怒る声さえ楽しんでいるように見えました。
猫はメスで、外にも出していたので、そろそろ赤ちゃんができないようにと手術を検討していたら、なんと先にお腹を大きくしていました。
もともと我が家は猫と縁が多く、複数の猫を飼っていた時期もあったので、そのまま新しい家族を迎えようということになりました。


3匹の新しい家族

これから冬を迎えようという時期の夕方、母がここで産めるようにと作っておいた押入れ奥の毛布のスペースから、「ミーミー」と小さな声が聞こえました。
そーっと覗くと、真っ白な成猫のお腹に、黄色、黒、三毛の三つの丸い毛の塊がうずくまっていました。三つ子でした。
私たちが子猫を触ろうとすると、母となった成猫が激しく抵抗を見せていました。
父親は3針縫うほどに引っ掛かれました。
子供を守ろうと母性から起こることだそうです。
次第に育っていく子猫は3匹とも健康に育っていき、母猫の干渉も次第に薄くなっていき、家の中に人間3人と猫4匹の二世帯家族が誕生しました。


猫と人間は似る!?

子猫もそろそろ生後1年を迎えるというころ、残念なことに3匹の子猫のうち1匹は帰ってこなくなってしまいました。
事故にあったのか、誰かに連れていかれたのか、しばらく家族で探していたのですが、とうとう確認はできませんでした。
子猫1匹がいなくなり、人間3人と猫3匹の生活が始まりました。
私たち家族はそれぞれ自分の部屋を持ち、就寝時には自分の部屋で寝るようになっていたのですが、気が付いたら毎晩決まって同じ猫が同じ人間の部屋で寝るようになっていました。
試しに、部屋を入れ替えて寝てみたのですが、猫はいつも一緒に寝ている人間を迎えにきました。
猫に担当を選ばれたようです。
数年間同じように猫と人間がペアで寝ているうちに、私たち家族はそれぞれ担当の猫と人間の性格がとても良く似ていることに気が付きました。
何かと注文が多く、「かわいいね」と言ってもそっぽを向くようなひねくれものの三毛猫は、難しい性格の父親とペアになっています。
いつものーんびりとしていて、寝ているときにいたずらされても気が付かないくらいの黄トラ猫は、同じくのんびりな母親と。
気性が荒く常にかまってほしがりやの母親猫は、破天荒がちな私と、といった具合です。
猫が似たのかはわかりませんが、似たもの同士で上手くペアになっていました。


飼っているというより、一緒に暮らしている


母親猫も子供猫もみんな生後10年を越え、全体的におっとりしてきたように見えます。
顔や体にも年齢を感じられるくらいです。
こちらが話しかけた内容もきっと理解できていて、毎日私たち家族と一緒にゆるりと過ごしています。
よく友人から「猫飼っているの?」と聞かれますが、飼っているというより、一緒に暮らしていると思うことがあります。
ペットとはいえ、こちらから何か言いつけるようなこともしないし、猫が考えていることも少しはわかっているつもりです。
猫もたぶんこちらの雰囲気を察することができ、お互いに存在を尊重しているほどに思えます。
もちろん食事やトイレや病院の世話は飼主として人間が手を出さなければなりませんが、個人、個猫それぞれの考えは互いに気を使っているようにさえ感じられますj。
ペットも家族と良く聞きますが、確かにその通りだと思います。
残念ながら猫のほうが平均寿命が短いので、私たちは猫たちの最期を見届けることになると思います。
とても辛いでしょうが、一緒に生きている猫たちに感謝して最期まで一緒にいようと思います。

トップページ

猫用カンガンキャットフードとは

カナガンキャットフード評判まとめ

カナガンキャットフード口コミ

カナガン活用アドバイス

キャットフード与え方の工夫集